安全教育(2012年)

2012.06.06 第11回 高所作業車の運転特別教育

2012.06.06_01 2012.06.06_02

本日、本社研修室にて、第11回 高所作業車の運転特別教育を開催しましたのでご報告します。

特別教育を受講することで操作できる機種は、床高10m未満の機種までとなりますが、10m未満でも十分仕事になる職種も多いです。

今後も引き続き開催し、多くの方に受講してほしいと思います。

2012.03.19 第3回 丸のこ等取扱作業安全教育

2012.03.19_01

本日、本社研修室にて第3回 丸のこ等取扱作業安全教育を開催しましたのでご報告します。

丸のこによる労働災害が減少していない現状に、H22年から丸のこの取り扱いに際して、安全教育を行うよう通達が出されまして、それに伴う教育となります。

出席者は内装工5名、鳶工11名、電工2名でした。丸のこの取り扱いに対して災害防止を踏まえた基本を再認識してもらいました。

※写真は丸のこで被災した場合の止血ポイント確認しているところです

2012.02.24 第25回 職長・安全衛生責任者初任者講習

2012.02.24_01

22日(水)、23日(木)と本社研修室にて第25回「職長・安全衛生責任者初任者講習」を開催しましたのでご報告します。

平成14年から取り組み始めた職長教育も今回の受講者で延べ399名となりました。

今回受講した新任職長の皆さんもこの春からの平成24年度工事で職長として無災害継続のために活躍されることを期待しています。

2012.01.13 第16回 石綿使用建築物の解体作業特別教育

2012.01.13_01

13日(金)、本社研修室にて、第16回石綿使用建築物の解体作業特別教育を開催しましたのでご報告します。

石綿を含有する建材を取り扱う作業を行う場合は、この特別教育が必要となります(さらに作業主任者を別に選任)。

対象となる含有率は0.1%以上(1㎏あたり1g)のうえ、含有建材は多岐に渡るため、解体工事に従事する作業者だけでなく、かなり広範囲の職種の方が取得しておかなければならない教育であります。

今後も引き続き開催予定ですので、多くの方に受講して頂きたいと思います。

このページの先頭へ